ここ最近の悩み

2020年11月30日│佐藤 優菜│日々のできごと

 

歯科衛生士の佐藤優菜です。

私にはここ2ヶ月くらいちょっとした悩みがあります。
下唇にプクッとしたものができてしまい、無意識のうちにそこを噛んでしまいます、、、

皆さんの中でも経験がある方いるのではないでしょうか。

恐縮ですが、画像をあげさせていただきます(^_^;)



これは粘液嚢胞(ねんえきのうほう)といいます。

お口の中の粘膜には小さな唾液腺がいくつもあり、そこで唾液を作ります。
その唾液腺の管がふさがると唾液がうまく出ていかず、貯まってしまいます。粘膜が盛り上がったように見えます。

よく下唇の内側や舌の裏にみられ、特に痛みもなく、原因の多くは誤って噛んだり、歯ブラシや硬い食べ物などで口の中を傷つけたりすることでできます。
つぶれて小さくなることもありますが、表面の傷が治るとまた唾液が貯まり、腫れを繰り返すことがあります。
刺激などを与えなければ、自然に治ることもあります。

経過をみても小さくならない、粘液嚢胞が大きくて日常生活に問題が出ていることがあれば、摘出することを検討することがあります。

ただ、粘液嚢胞は悪いものではありません!!


もしお口の中で気になることがあればスタッフにお声がけください(^^)

 

 

PageTop